/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 第37局「海底」

嶺上
嶺上
搶槓
海底
海底

どんな大会ですか?

 猫娘がやられていく姿が目に浮かびます。
 前回は倍満くらって涙目だったようですが、今回は役満くらいくらいそうです。
 それが「運命」を猫娘の運命なのでしょう。
 無理をして関しても結局はまずい手でいたし、ここから勝てる要素が見つかりません。
 前回も書いたかもしれませんが、休憩時間が彼女の見せ所でしょう。
 それも、キャプテンがいなければ成立しないという可哀そうな感じです。

 衣といえば、相変わらずかわいいです。
 「ぺーポンペーポン」はすごく良かったです。
 あまりに可愛すぎたのか、一瞬意味がわかりませんでした。
 ペーが北だと少し考えないと分からないってやばいです。

 タコスはすごい恰好でした。
 セリフは普通なのに、恰好がすごいです。
 周りの人も意識していなかったようですし、あれがあの世界での普通なのでしょう。
 本当に履いていない世界です。
 8月の掲載はないようですから寂しいですね。



 それからセキレイも見ましたが、篝さんの今の性別はどっちなんでしょう。
 まさか、雌雄同体なんでしょうか。
 それはそれでいいものです。
 月海よりもずっとツンデレですよ。



 ローゼンも見ましたが、今のところ何とも言えませんね。
 真紅は雛苺のローザミスティカを犠牲にしたようですが、ローザミスティカの数だけいの血があるといったような感じなのでしょうか。
 まぁ、相変わらず銀様は素敵ですが、取っ組み合いのけんかはあまりエレガントではないです。
 もう少し「誇り高き」ローゼンメイデンにしては少し恥ずかしいのではないのでしょうか。
 めぐの行方も気になりますし、次が気になります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。