/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-全国編 第6話「萎縮」

せやろーさすがやろー?

今回はおおよそ中堅戦前半。いつもの通り? 部長のメンタルの話である。調子がいいと話がスキップ、調子が悪いと精神世界に入るというのは中堅戦の特徴らしい。それで調子を戻し始めると対局者を口説く。浮き沈みの激しい遊び人のようである。でも、ある程度苦戦する相手でないと口説かないようにも取れる。相手の強さを認めてから口説くというとバトル漫画の王道だな。仲間になるんじゃなくて修羅場が形成される予感しかないが。

そういうわけで復調したらはるるを口説く部長。キャプテンは余裕を見せるも、本当に大丈夫なんだろうか。池田が代わりにやきもきしているから落ち着きがあると思えば微笑ましいものだ。


それと藤原利仙。姫様に対して「私以外に負けて欲しくない」とまで言う。咲では珍しいライバル関係である。こういう形で対局を待っているというのはとてもいい。ダヴァンもそうだが、全国大会に来るような人は1年越しの因縁があるからこういう関係も多いのだろう。やっぱりライバル関係っていい。千葉千恵巳も好きなんで嬉しい。

大人組としては佐藤アナが戒能プロを誘っていた。お金の話をする所を含めて、佐藤アナは戒能プロを年下扱いしているんだろうなと感じる。どちらかと言えば年下が好きだった人が年下のプロ選手にほだされるかと思うとすごくいい。

それと洋榎ちゃんが可愛かった。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。