/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-全国編 第4局「東風」

(無音ガッツポ)


今回の見所: 透華の謎カッツポ。


そんなこんなで全国大会先鋒戦に戻る。主人公片岡優希のターンである。努力して強くなって皆から応援される。しかし、勝てない。とても主人公らしい、咲にしては珍しいキャラである。特に皆の応援で強くなるというのは珍しい。カップリングがないからこそこのようになっていると思うと面白い。

それで透華の話なんだけど、ああやってガッツポーズするのはとても透華らしい。きっと衣から色々聞いていて、すっかり応援する側に回っているのだろう。こういう透華の周りからの話を聞いて入り込めるのってすごくいい。思い込みが強いとも言えるんだけど、それで悪い事に流れないのはそういう透華が好かれてしまうからなんだろう。そういう透華だからこそあの龍門渕を作れたのだ。実に素晴らしい。更に言えば、その透華の気質みたいなものは周りにも影響していて、衣や准くんがタコスに薫陶を授けるようになっている。これが明示的になったきっかけは衣の敗北にあったとはいえ、前提は透華が作っていたのである。これからもまたそうして輪が広がっていくのだろう。何しろ、ダヴァンさんもこれからなのだ。あのポーズからするとボーリング関連で何かあってもおかしくない。

そんなこんなで透華に興奮していたけども、どうやらアニメは妙に永水推しのようである。そもそも2回戦はかなり宮守推しだったように感じていたが、それと同程度には永水の出番が多い。ここで敗北してしまうから補完なのか、広く人気を高めたいのか、単純に私がかなり永水よりになってきたのか。いずれにせよ、描写がかなり多くなってきた。しかも宮守と絡ませるような感じで多い。特に霞さん。まるで普通に友達が欲しい高校生のようだ。可愛い。しかも、巴がそれに対してフォロー的に言葉を紡ぐ。なんというか、一部の百合ファンが喜びそうな感じになってきたぞ。

それとあの ED 入りは合わないと思いました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。