/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-第112局[強敵]

こわいです

前回のガイトさんの3連続ポンに釣られる漫。迷った挙句、成香に振り込んでしまう。プレッシャーとは恐ろしいものである。しかも、鳴くという事は下家にツモらせることでもあり、この場自体をコントロールしているようにも思える。やっている事としてはキャプテンと純くんみたいだ。

でもあまり火力があるタイプでもないのか、親番でもそれ程高くない上がり。高めを目指してスルーなどせず、気配を殺して着実に上がっていく。放銃せず、他家の間で点棒を回し、自分はしっかり上がっていけば麻雀は自動的に勝てる。これまでの能力者は牌の支配が多かったが、この人は対戦相手の精神を支配する。心を折るのではなく、相手の打ち筋を利用する。ここまで来ると誰もが能力者であり、能力者は自身の能力を前提とした打ち方をする。それを利用されてしまうのだから辛い。場合によっては自身の能力に疑いを持ち始めるのではなかろうか。単純に見抜く照より恐ろしい。

それにしても最後の洋榎ちゃんの台詞と言ったらない。絹恵さんもそうだったが、無闇に殺すとかちょっと物騒である。流石親子とでも言うか。それでも、これがいつもの相手ならまだよかった。相手がドスを持った人では洒落にならん。


所で、次回の煽りがちょっとひどい。"強大すぎる「壁」…。倒せるか――!?" である。どんどんおもちになっていく漫とは対象に、全く平坦なガイトさんを煽っているようにしか見えない。沈められても知らんぞ。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。