/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 第109局[屈指]

ユーキもさぞ楽しかろう!

久々の? カラー。見開きでは長野決勝各校から1人ずつ描かれているが、鶴賀からはかおりん。珍しいような気がする。他はキャプテンに衣、タコスといつも通りの面々。メガネ枠? ページを繰れば一ちゃんの尻が飛び込んでくる。11巻の特典にはいなかったけど、よっぽど好きなんだなぁ。私も大好きです。アングルも含めて。

それはそうと試合はまだまだ東場。東場の神は健在である。しかし、ガイトさんは強い。全国3位は伊達じゃない。タコスを利用して上がりへとつなげる。衣達の薫陶を受けたタコスの東場にもかかわらず、素で互角で渡り合う。流石である。

所で、未だに爆発しない漫。どうやら相手の強さによって爆発の成否がある程度左右されるらしい。どっかの冷やす人みたいだが、それとは違ってそこまで強くない相手でも爆発する場合もあるらしい。

結局、今回は全く上がれなかったタコス。そして、煽り文が面白い。"削られていく東場…。優希、稼ぎきれるか――!?" タコスにとっては東場が点棒に等しいという事を如実に示している。


さて、今後の展開だが、ガイトさんが照程圧倒的ではないが勝って終わりだろう。ある程度勝たねば全国3位の名が泣き、勝ちすぎてもおかしい。更に、臨海は決勝進出の最右翼であり、ここで全てを出してしまっては面白くない。漫だって2回戦は不発だったのだ。ガイトさんだってそうだろう。余程の事がなければ奥の手は取っておくものである。そして現状、余程の事はなさそうである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。