/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星彩のレゾナンス

しばらく緩んでいてくれ。その方が嬉しい

攻略サイトを見て、一応全部のルートを見たと思う。でも恵の画像が集まらない。そういうレベルでゲームが苦手なので攻略情報に関しては適当に探して欲しい。

というわけでそれぞれのルートについて感想。

由布ルート
ツンデレルート。ツンデレ好きとしてはこの子が一番よかったと思う。キャラとしては。
このルートは大抵の人が最初にクリアすると思うが、これをやった所で話が全く見えてこない。よく分からないけどボスを倒した、で終わってしまう。最初にクリアされやすいフラグ処理になっているとはいえ、これはちょっとひどすぎる。
ストーリー上の展開から目を逸らしたとしても、急すぎるエロシーンはもう少しどうにかならなかったのか。キスの練習をすると言っていたんだからそれだけでいいんだよ。何故脱がせる。

恵ルート
眼鏡っ子ルート。私は眼鏡も好きだが、あまりに不遇である。NTR ルートなのである。
このルートは由布ルートの分岐である。しかも、由布ルートでエロシーンをやってからの分岐である。しかし、由布は寝取られてしまう。そこで余り者同士でくっつき始めるのである。ちょっと不遇すぎるのではないか。
ただ、エロシーンは多少ましというか、戦場で急に始めるという事はなかった。が、それでも野外であった。

縁子ルート
ツンデレルートその2。非常に短い。が、それが意外とプラス評価になっている。
このルートは目に付く可愛い女の子を押し倒すという主人公をやりたかっただけとすら思える。だが、それでよい。伝奇物をやるのは難しいのだ。下手に伝奇をやるよりも、肉欲に溺れてどうでもよくなるという話の方が安定はする。キャラを可愛く描けていれば、可愛いからギャグでいいやと思わせやすいのだ。

真琴ルート
ツンデレ? ルートその3。由布分岐のルート中ではましな方。分岐元? の由布ルートよりも完成度は高い。
このルートは由布分岐の中では最も島の謎に近付ける。これまで見てきた真琴の事情もある程度分かるようになる。解明には至らずも、多少は伝奇物をやったような気分になれる。
しかし、エロシーンはやっぱり急で訳が分からない。何故化物が出てくる森で急におっぱじめるんだ。化け物に襲われるよりも、ヒロインを押し倒す方がそんなに大事か。
とはいえ、デレてから可愛いし、共通ルートでの狂犬ぶりを見ていると、中々楽しいものである。

八弥子ルート
気のいいお姉ちゃんルート。またの名をサクヤさんルート。これは奈岐ルートの分岐。
こちらのルートはかなりまともだ。分岐という事もあってちょっと急な展開はあるが、それでも筋が通った話になっている。キャラクとしても作中ではかなりまともな方で、それだけでも安心できる。攻略ヒロインに普通にいい人がほとんどいない本作ではどのルートでもいい人だった八弥子さんは数少ない癒しとなっている。別のルートをプレイしていていると特にそれを感じた。そういう補正もあって、非常に好意的にプレイできた。
エロとしてはこっちは面白い事になっている。流石は先生といった所か。色々と最強である。

末来ルート
美人なお姉さんルート……かと思ったがそんな事はなかったぜ。
他の全てのルートをクリアしないと進めない事を考えると、このルートはトゥルーエンド的な特別なルートなんだろう。が、そんな事は特にない。そういうのをやろうとすると問題の原因を破壊するとか、解放するとか、そういった事になると思う。しかし、このルートは被害者を出して問題を延期しただけだった。
それでこのルートで何をやりたかった事は何かと考えてみると、女同士でも子供が作れるという話をやりたかったのではないかと思えてくる。本当にそれ以外残らなかった。

奈岐ルート
本作のメインヒロイン。それが向山奈岐である。
まず、このルートはバッドエンドとトゥルーエンドがある。こうしたタイプのゲームの例に漏れず、バッドエンドを先にやらないとトゥルーエンドに辿りつけない。奈岐でしかこんなフラグ処理はない。
この島の抱えた問題を完全に解決したのもこのルートだけである。このルートの解決を見ると、他のルートでは何故あれでいい事になっているのか疑問を抱いてしまうほどだ。解決のやり方も、他の巫女の力を借りてパワーアップというなんとも王道展開である。エピローグも非常に納得できるものであり、プレイ後の気分も非常によい。百合伝奇ゲームとして非常に楽しめる。


全体的に微妙なゲームであったと思う。キャラとしては可愛いと思うが、お話としてはいまいちだ。特に由布ルート分岐のルートはもう少しどうにかならなかったのか。シナリオを2人でやるとこうなってしまうのか。それからこれまで全く触れなかったが、アクション部分はまったくもって要らない。そんな事をしている暇があったら他の事に注力すべきであった。まぁこのアクションパートを狙ってこのゲームをやる人がいるとは思えないが。

百合伝奇ゲームとしてアカイイトやアオイシロレベルのものを期待してしまっていたが、それは期待外れだった。ただ、奈岐ルートはよかった。あれだけはよかった。



星彩のレゾナンス星彩のレゾナンス
(2013/02/22)
Windows

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。