/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 第104局[過去]

逆ブロックに幼なじみかぁ………
いいね


可愛くなりすぎた記者さんにつられていく和とタコス。出してもらって焼肉弁当を食べる。実にタコスは美味しそうに食べる。肉が好きなんだろう。タコスもメインは肉だ。最近の女子高生らしい……のかもしれない。

一方、咲さんは宿舎へ帰宅。尻を出し、お昼を食べて床につく。夢を見る。タイトル通り過去の夢を見る。前回の断片的な記憶とは違い、今回はストーリー仕立てである。どうやら金髪らしく見えるこの子にも宮永ホーンはあるらしい。やはり宮永の系譜か。また、足が不自由らしく、車椅子の模様。ただ、全く足が動かないというわけでもないようだ。眺める魚と食べる魚を同列に扱うなど、中々愉快な性格をしている。

そんな夢を見ていると、衣が咲の馬乗りで起こした。全くもって子供がやる起こし方である。のどっちさんが羨むような起こし方である。何故か一ちゃんも衣といた。付き添いなんだろうが、何故一ちゃん。作者の趣味なのではないか。実にいい趣味をしている。

場面は戻ってのどっちさん。次回はのどっち側の回想だろう。


さて、前回の回想と合わせてみると、今回の金髪ホーンは火災により下半身に問題を抱えた後の描写なのではないか。あるいは、足に障碍があった為に火災の際に逃げ遅れた。いずれにせよ、衣の過去並に重めの話である。主人公だからこのくらいは必要なのか。


また、今回はタイトル通り過去編という事で咲さんは金髪、のどっちは阿知賀の皆さんという感じだった。そこで上述の台詞を一ちゃんに言わせるってのは来るものがあった。背信行為をした一ちゃんだから聞いてくるセリフとは言え、まさか言わせてしまうとは。衣に関する回想といい、一ちゃんは作中でもかなり特殊な位置にいる。龍門渕軸でのヒロインは伊達じゃない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。