/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UN-GO 因果論 (會川昇, 坂口安吾)

そいつの質問に、人は必ず答えてしまう。一問だけ

本作は UN-GO 因果論のノベライズである。因果論だけでなく、新十郎達が日本に来る前の前日談も含まれている。一見するとライトノベルのような表紙だが、ハヤカワ文庫であり、挿絵も一切ない。解説もあり、早川のミステリと取るべきだろう。

アニメでは語られなかった部分が補完されており、また新たな視点でアニメを見る事もできよう。特に前日談は日本に来る前という事もあり、アニメ本編の日本での事件解決とは違った観点を与えてくれる。アニメに新たな視点を提供するよいノベライズだ。


因果論は探偵として関わった事件ではない。新十郎は前日談で探偵、本編でも探偵だが、因果論はあくまで関係者であって探偵ではない。だからアニメであれだけ拘っていた"謎"がほとんど出てこない。それに該当するのは"ミダマ"である。

探偵としての新十郎は、探偵である以上、謎を解かねばならない。しかし、探偵でなければ謎は解かれるべきものとは限らない。それでもミダマは存在する。人の奥底に潜んでいる。

一方、因果はミダマを喰まねばならない。因果にとって謎というのは新十郎が与えるミダマの1形態でしかない。しかも、質問をせねば謎はミダマとして摂取できない、非常に厄介な形態だ。謎というのは新十郎とのミダマ契約の制約なのだ。

謎というのはこの2人の妥協点なのだ。自分のミダマが分からない新十郎と、ミダマがなければ生きていけいないイ因果。それを確認するのがこの因果論である。2人の出会った頃に遡り、埋没させていた自分のミダマを思い出させる。そして、また探偵を始める。ミダマを謎に変え、それを解決していく。そうして生きていくのである。



UN-GO 因果論 (ハヤカワ文庫JA)UN-GO 因果論 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/02/23)
會川 昇

商品詳細を見る

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。