/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's

セーット、アップ!

素晴らしい。実に素晴らしい。多少の不安を持っていたが、期待をはるかに超える出来であった。なのはのファンにはぜひご覧頂きたい。

まず、リインフォースが素晴らしい。とても素敵なヒロインだ。この映画はリインフォースの為にあったと言っても過言ではない。出会いから別れまでの流れが実に美しい。ここまできっちりとやってくれるとは思わなかった。そして、その姿も非常に美しい。静止画でも色々と見る事はできるが、やはり動いている方が美しい。

はやても非常に魅力的だ。出会いの中で変わっていく、変えていくという姿がいい。これは変身する者としての魔法少女との相性は言うまでもない。1stのなのはもそうだが、魔法との出会いによって世界が変えられてしまっても、魔法少女はそれをも変えられる。だからこそ、はやてはリインフォースを、ヴォルケンリッターを救う事ができたのだ。

勿論、なのはやフェイトの活躍も見所である。今回はなのはとフェイトのダブル主人公である。前作ではヒロインだったフェイトがなのはによって変えられて、それをリインフォースとのやり取りの中で感じられたシーンは非常に素晴らしかった。彼も出会いによって変わったのだ。再会までにそれがよく整理できたのだろう。なのははより広くパワーアップした印象。そうしてすっかり夫婦になっていた。


戦闘シーンは正に劇場版クオリティ。前作でも劇場版になってかなりロボットアニメ成分が増えたが、今作では益々そうなった。私はそういうのはあまり好きではないんだけど、動いてみると非常に格好いい。なんか悔しいくらいに格好いい。

劇伴もシーンに良く合っていた。でもなんか変わったような気がしたら、どうやら音楽の担当者が変わっていたらしい。意外と分かるものらしい。


べた褒めしてしまったがまだ2回しか見ていない。もっと見たい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。