/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第11局「決意」

ここから先はみんながくれた1順先や
みんなごめん、もう1回だけ無茶するわ

トリプル、3順先や……!


すっかりすばらさんと怜のターン。すっかりしっかり回想をやってしまって、どこが主人公なのかわからない。しかし、ここまで回想をやってしまうと、これで終わっても仕方のないようにも思える。その意味では回想の少ない玄の方が芽がありそうなものである。

そうは言っても、すばらさんの聖人具合は全く失われる事はない。捨て駒と分かっていても自分の役割を全うしようとし、あまつさえこの絶望的な状況を楽しいとまで言ってのけている。なんとすばらな精神力。タコスやのどっちが懐くのも納得である。格好良すぎる。

怜は精神力という意味ではすばらさん程ではないかもしれない。しかし、怜の覚悟も相当なものがある。命を賭してまで照に立ち向かっているのだ。2位抜けで誰かが飛ぶのを眺めていればいい、なんて意見も散見されるが、怜には高3最後の大会なのだ。1試合1試合勝ちを目指してもいいではないか。だって高校生なんだから。決勝での事を考えるとか、そういった戦略的な事ばかりを大事にしている必要はない。怜シフトだってそういうものじゃないか。

そんな中、全く何もわからない照は実に圧倒的でよい。圧倒的強者というのは大概何を考えているものか分からないものだ。それがまた強さを感じさせる。妹さんの方も何を考えているのか分からないので、姉妹揃って強さの方向性が近いらしい。

ラストのトリプルへ進んだ怜でのEDへの入りだが、これは咲屈指の素晴らしいEDへの入りだった。もともと咲はEDへの入りがいいアニメだが、本編や阿知賀編全てを含めても特別素晴らしいものだった。あそこまで格好いい演出をされてしまったら、怜-Toki- 千里山編 と言われてしまうのもやむなしだ。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第11局「決意」】

ここから先はみんながくれた1順先やみんなごめん、もう1回だけ無茶するわトリプル、3順先や……!

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。