/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臼沢塞の塞ぐは無効化能力ではない

今回は宮守の副将、臼沢塞の能力について考えてみたい。塞は作中で見る限り、どうやら塞ぐ能力であるらしい。永水女子・薄墨の裏鬼門という(北家で)東と北を鳴くと南と西が来るから四喜和を上がれる能力に対して、塞ぐと称して南と西が来るのを止めていた。しかも、能力を止めるだけでなく、手を塞げるらしい。ただし、塞げるのは1人のみのようである。果たしてこれは無効化能力か。

無効化能力は能力ベースのバトル物ではよくある能力で、大抵主人公格に与えられるものである。実際、のどっちも限定的だが無効化能力系と言える。この無効化能力はとても扱いにくい。能力者ばかりの環境だと、それを消せるだけでかなりのアドヴァンテージになる。だから主人公クラスに与えられるのだ。ただし、例外があって無効化能力が効かないほど強い相手を描写する場合にはそこそこ強い程度のキャラでもいい。

咲では照が圧倒的チャンピオンとして君臨している。これに塞さんを当てて、やっぱり駄目だったよ、とやるなら分かる。しかし先鋒と副将では当たりようがない。故に照のレベルの差を示すのには使えない。しかも、のどっちの進化した先は完全な無効化能力になる可能性もある。無効化能力である価値がなさそう所か、そうであっては困る可能性まで出てきてしまった。


さて、塞いだ状況を見直してみる。薄墨は東と北を鳴いても塞がれて南と西が揃わない。これが複数回。更に四喜和を諦めてホンイツにしたらロンされた。また、薄墨の見立てでは、鳴きや運気を制御しているわけではないらしい。ここで重要なのは薄墨が裏鬼門にこだわっている点である。上がれれば役満とはいえ、塞がれてしまっては上がりようがない。しかもそれを予め説明されている。にも関わらず上がろうとしているのは意固地になっていると考えてよいだろう。

ここで塞の能力がたまたま無効化のように働いてしまったとする。薄墨は四喜和にこだわりすぎているのでこれさえ塞げれば問題ない。ホンイツに振り替えた時にロンしたのは四喜和からの変化を考えるとホンイツは自然であり、それを考慮した打ち回しをしていたと考えればよい。

ではどんな能力かといえば、それはまず特定の牌をツモらせないようにする能力ではないか。今の条件は南と西をツモらせないようにすれば充足する。この2種類の牌が薄墨へ流れないようにすれば無効化したように見えるし、ホンイツに対抗したのは単純な打ち回しである。

他に検証が必要なのは、ニライカナイの銘苅という選手である。全国大会1回戦で塞に塞がれて全く上がれなかったらしい。永水女子の回想からするに銘苅は明らかに能力者だ。どんな能力かは不明だが、咲の能力者にはツモの偏りに関した能力が多い。銘苅がそうならば、特定の牌をツモらせないという能力で和了を塞ぐ事は可能だろう。

また、塞の能力はツモらせない能力の1つだけとは限らない。何故薄墨は意固地になったのだろうか。描写からすると、どうも塞がれるとプレッシャを感じるらしい。このプレッシャも1つの能力かもしれない。ストレスを掛けて意固地になるように仕向けるのだ。こうする事で何を塞げばよいか明確となる。塞げる数が少ない方が能力として丁度よさそうだ。強力になりがちな能力とその上限を暗示する為の能力という組み合わせは中々面白い。。


所で、宮守のキャラには元ネタのようなものがあり、塞は塞の神ではないかとする説がある。塞の神は悪霊等の侵入を防ぐ神らしい。これは特定の牌のみをツモらせないようにするという能力とよく合致していると言える。



今回は塞の能力関して書いてみた。今度はモノクルについて書きたい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

一見地味なのに
よく見れば見るほど雛には稀な
超美形の
塞ちゃんでありますな

能力は無効化能力では無くて、結界、封印系の能力なんだと思う
とにかくがんばれ私、美少女結界師 塞ちゃん

塞さんはよく見ると美形だなーと思うけど、姉帯さんの派手な可愛さに隠れちゃって残念ですね。


咲さん、霞さん、末原さん、照、トキのような魔物たちが暴れまくる大将、先鋒卓は無理だけど、次鋒、副将はいい配置なんだろうな。
ステルスおぱいはそもそも認識しなくなるから、天敵っぽい気もするが。

そして、次鋒配置だったとしてもまこのキンクリ能力は塞ぐことが出来なかったんだろうな。w
クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。