/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 10 (小林立)

ちょーうれしいよー

咲もいよいよ2桁の大台。いつの間にか6年以上経ってしまっていた。時が経つのは早いものだ。今回は8巻9巻のように番外編はなく、収録は第83局から第95局。全国大会2回戦副将戦から大将戦の間である。

9巻では清澄が主人公らしく目立っているとしたが、10巻は完全に宮守のターン。回想のほとんどが宮守で占められており、副将大将ともに非常に強力な能力の持ち主。非常に扱いがよい。宮守女子のファンとしては非常に嬉しい限りだが、これだけ色々やってしまうともうやる事がなくなってしまい、勝ち上がる可能性も低いようにも思えてきて複雑な気分だ。

副将大将戦は各校の性格が如実に現れている。中でも、能力を発揮すると人間離れする清澄と能力を使いこなしてそれに対抗する宮守女子の対比は面白い。能力面では、清澄は他者に関係なく上がる能力で、宮守は他者を如何にコントロールするかという能力と、2校の方向性がよく出ている。宮守がこういうタイプなので他校を如何に使うかという戦略的な話もできてよい。実はキャプテンも似たような事をしているが、思惑がそれほど描写されなかったのでとても新鮮だ。

まともに4人麻雀をして数ヶ月の宮守をここまで育て上げたトシさんはやはりすごい。正に名将と言えよう。世界大会編になったら是非監督をやって欲しい。何らかの理由で監督ができなくなったトシさんの代理で覚醒レジェントというのも面白そうだが、覚醒してしまったらレジェンドはレジェンドといえるだろうか。

さて、散々宮守宮守と言ってきたが、特に姉帯豊音ちゃんがちょーかわいい。ちょーかわいい。高身長キャラでここまで可愛いのはとても貴重だ。もっと見たいので是非準決勝に進んで欲しい。六曜の全容もまだ分かってないからどうにかなるといいなぁ。



咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/06/25)
小林 立

商品詳細を見る

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。