/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲では能力は2段階あるのではないかという話

超能力麻雀などと呼ばれる咲だが、その超能力は2段階であるように思われる。キャラが元々持っている"性質"と、性質を制御できる段階にした"能力"。更にキャラの成長は、性質を能力へと変える成長と、能力そのものの強化を行う成長に分けられる。

まず、性質の例だと東場で調子がいいタコスである。初期のタコスはこれをコントロールしていない。本人は集中力が続かないと言っているが、それを含めて性質と言えるだろう。この段階はただ打っている、ないし打たされているという状況である。

しかし、県予選や合宿を経てタコスは強くなった。特に合宿では衣や純くんに育てられ、鳴かれてもある程度ツキを維持できるようになった。性質を能力へと成長させたのだ。その結果、全国大会では魔物と言われる神代相手でも対抗してみせた。神代は本調子ではなかったものの、あの環境でほとんど失点をしなかったというのはかなりの成長といえるだろう。

この成長は性質を能力へ変えた成長と言える。東場で強いという性質を可制御にしたのだ。咲における成長というのは基本的にこちらの方が多い。のどっちがベストコンディションで戦えるようになったのも、打たされていた衣が変われると言っていたのもこれに分類されるだろう。元々あった素質を活かすという事なんだから、こちらの方が多くて当然だ。何も珍しい事ではない。

面白いのは魔物であっても、この種の成長がある点である。よく化物みたいのは素質でどうにかなってしまう事が多かったりするが、咲では麻雀をしたら友達になるというのがあるのでそうはならない。この成長が改心にもなっているわけである。実際、宮守女子は可制御な能力者ばかりなので、フレンドリーな子達ばかりだ。


所で、この成長には運が絡む。いい指導者や対戦相手に出会えなければうまくいかない。タコスなんて特に恵まれている。同級生にも恵まれ、ライバルにも恵まれ、先輩にも恵まれている。可制御な能力という観点で言えばやはり宮守女子が出てくるが、あの指導者はトシさんである。なるほど納得である。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【咲では能力は2段階あるのではないかという話】

超能力麻雀などと呼ばれる咲だが、その超能力は2段階であるように思われる。キャラが元々持っている

コメントの投稿

非公開コメント

玄ちゃんなぞは、完全に性質に打たされている感じですしね
的を射た分析であります
クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。