/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪廻のラグランジェ 第1話「ようこそ、鴨川へ」

1、2、3、まーるっ

設定がごちゃごちゃしているアニメが多い中、ラグランジェはとてもシンプルだ。どのキャラも立ち位置がしっかりしている。ジャージ部はジャージ部、宇宙人は宇宙人。制服を着ているお陰で誰がなんなのかという事が一目で分かる。また、伏線も色々とあるが、それがどう作用していくのか全く分からないという事がない。例えば、ランがシャワールームを覗いたり、能登がパンツを下げていたけど、それはOPでシルシのようなものがあるらしい事が示されている。とても分かりやすくできている。

キャラクタを見てみると、まどかはとてもすっきりしたキャラだ。ちょっと馬鹿っぽいけど、馬鹿なだけでもなく、爽快感がある。ランの方はクールだけど寡黙ではないタイプで、でもちょっとずれていて面白い。宇宙人らしい宇宙人キャラになっている。モブっぽいキャラもそうだけど、これでキャラがぶれていかなければすごくいい感じになりそうだ。

ラグランジェのコンセプト、"元気になれる、ロボットアニメ"というのがよく出ていた。見ていてすごく楽しくて、すっきりしていて、元気になれる。すごくいいアニメだ。


先行放送を2度も見たのでもう3回目だったけど、やっぱり楽しい。まどか可愛い。ランも可愛い。話も好み。そりゃ、気に入るわけだよ。ちなみに私はランまど派。


追記:
放送もされてしばらく経ったけど、STAR DRIVER 輝きのタクトとの比較をあまり見ない。ロボット物の枠組みというものがあるからそこが似ているのは当然だが、主人公であるタクトとまどかがかなり似ているように思えるのだ。2人ともとてもすっきりした主人公なのだ。見ていてとても気分がいい。最近のうだうだした主人公に嫌気が刺して余計そう感じているのだろうが、それ以上に何かが似ているのだ。まぁ見ている内に何が似ているのか分かるだろう。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。