/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UN-GO 第11話「私はただ探している」

生きよ、堕ちよ
今回の謎の面白い所は、別天王と2つの爆発事件がそれぞれ無関係だった点だ。これにはすっかり騙されてしまった。1連の流れで2回も爆発し、両方とも狙いは麟六であるかのようだった。これらを全て支配できるような別天王の便利さを見せつけられた後では、所有者が一連の流れを支配していると思ってしまうだろう。このような1つの事件に見せかけて2つの事件が重なっているという展開はミステリでは多い手法だ。しかしこの最終章では、テレビ局の爆発事件と、麟六の乗ったバンの爆破、そして別天王の所在という3つの謎はそれぞれ別々の思惑に依っていた。私を含め視聴者をよく騙せ、しかも因果論を見ていない視聴者には別天王を詳しく知らずとも2つの謎は解けるという上手い作りである。

別天王の能力は主に支配を行う為に使われていた。支配という観点で麟六があまりに強大だ。少なくとも情報分野では極めて支配的な人間である。それが反転してしまった。支配するならば麟六だろうと思ってしまったのだ。そして、別天王の能力も麟六の下にあるとまで妄想した。これは新十郎と一緒である。完全に新十郎視点に引き寄せられてしまった。

そして、動機。新十郎も1話で動機が重要という話をしていたが、それを考えると速水にはその動機が全く分からなかった。男の欲望は金と権力と女に帰結するという話は世にあれど、まさか速水の目的が虎山だったとは。麟六を除いた中で、犯行が最も行いやすい人物の動機が全く分からなかったのだ。しかし、見えない動機があるというのはこれまで散々因果が明らかにしてきた事だ。つまり、これまでの因果の行動は間接的に最終章の別天王の所在という謎を解く為の鍵となっていたのだ。やはり因果は御霊という真実を食む悪魔だったのである。



実に素晴らしいアニメだった。ノイタミナ枠にはこういう当たりがあるから貴重だ。オリジナルの魅力が非常によく出ていた。キャラクタの魅力とシナリオの魅力が繋がっているのだ。キャラクタを切り売りせねばならないアニメはこういう点で可哀想とすら言える。

さて、このアニメは2期を期待してもよいのだろうか。非常によい出来で、麟六と新十郎の対決というイベントも残っている。状況としては2期を期待したい所だ。しかし、これはここで終わったからこそこうして絶賛しているのではないか。ロードムービーが新たな旅で終わるように、探偵は探し続けて終わる。それがよかったのではないか。そして、対決というのはロードムービーのもう1つの終わり方、すなわち死だ。ある面で私が2期を恐れているのは、探し続けた先にあるものが死という事実を恐れているのだろう。"堕ちよ、生きよ"がテーマでそれはあんまりだ。堕ちて尚、生きよ、と信じたいのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。