/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲 -Saki- 7 (小林立)

麻雀って…楽しいよね

収録は51~60局と番外編[つるがいでん]。本編は決勝オーラスからマホ登場まで、つるがいでんのカラー部分はカラーにて収録。これまでカラー収録がなかったので新鮮だ。これもアニメ化の影響だろうか。アニメ化してよかった。

表紙は池田、見返しはみはるんである。表紙の相手が見返しなどと言われるが、やはり池みはだった。期待通り。後ろの見返し2巻以来のカバー全体とは異なるイラストで、冬のモモ。隣にいるのはかじゅだろうか。妙に背が高いような気もするが、かじゅ以外のイメージがあまりない。

カバー内のタコス漫画は衣が登場。エルフ耳付きで、リボンと合わせて一層シルエットが特徴的になった。どこかで見たことある感じになったかと思ったら、刀鍛冶のリサだった。耳の長さは違うものの、尖った耳でエルフっぽいという点では似ている。
一、衣とロリばかりだが、逆説的に言えばここに登場すればロリという属性の証左になるかもしれない。池田はどちらに分類されるか気になるので出たらはっきりするかも。
そんなことより、タコ衣いいよタコ衣。「衣の方が年上なんだぞー」とか言って欲しいなぁ。

さて、アニメでは散々魔王などと呼ばれてしまった咲だが、漫画ではそこまで強い印象はない。アニメでは台詞が読まれるため、内容が特徴的なセリフは目立つ。しかし、漫画では台詞1つでも大ゴマにあるかないかで印象が大きく異なる。「麻雀って…楽しいよね」も大ゴマの決勝では小さい部類でそう強い印象はなかった。あまり魔王という感じではなく、やはり魔物と言ったクラスに属すように感じる。魔王は魔の者である以前に王なのだ。その王の恐ろしさのようなものを感じる事ができない。台詞だけでなく、BGMの効果も少なからずあるだろう。アニメのBGMはあまりにも魔王すぎた。

決勝後の話だが、風越というか、コーチのデレ方が変わった。ちゃんとコーチは池田に気持ちを確認してからデレた。。そちらの方が指導者らしいし、ちゃんと言葉を返した池田にはより好感が持てる。キャプテンから離した所もよい。キャプテンは卒業してしまうのだ。やっぱりコーチは池田大好きなんだろう。
鶴賀の方はあまり変わらず。何度見ても、「その口をふさぐ」がそういう意味に見えてならない。実際にそういう意味だろうけど。うん、素晴らしいね。
龍門淵もかなり変わった。時系列そのものが変化してしまっている。あれだけの衝撃を受ければ多少の時間が必要だろう。日を改めた描写方が適しているのかもしれない。光にあふれている描写もよるより昼の方がいい。衝撃を受けた直後の描写も好きだけどね。

そして話数は前後するものの、全国大会。アニメにも登場した白糸台や臨海女子、永水女子の面々が漫画の方にも姿を現した。そして何より、福与アナと小鍛治プロである。2人ともとっても可愛い。咲には少ない大人の女性でもある。また、この世界におけるプロを含めた麻雀のありようについてもいい仮説にもなるだろう。可愛い以上に重要な事も少ないが、あるに越した事はない。

最後は合宿まで収録。なんといっても透華の覚醒だ。前々から出ていた冷たい透華である。一や純くんもいつもの方がいいと言っているが、私はこちらも嫌いじゃない。嫌いな透華を探す方が難しい。
この冷たい状態だが、これは更なるレベルアップのフラグのように見える。「原村和のようではありませんわ」を出すまでもなく、透華は強くのどっちを意識している。しかし、あの能力は衣にも咲にも通用するほどに強力なものだ。打倒のどっちの手段としても通用しうるものだろう。使わない手はない。が、透華はあの状態での闘牌を嫌っているようだ。そこであの能力を御し、更に優れたものに変える、すなわちパワーアップするのではないのかと考えている。
また、この能力はのどっちのデジタルとはまた違った方向性のデジタルと思われる。何でもかんでも魔物にすればいいというわけではないし、立ち位置としてはのどっちに近いので、やはり対オカルト能力と考えて良いだろう。オカルトでオカルトを制すのではなく、デジタルでもってデジタルを御するのである。
ここでまた透華とのどっちのライバル関係だ。2人は実にいいライバルだ。デジタル対決という事で見る側としてもやりやすいし、一や咲からの視点も面白そうだ。


番外編はやはり、かまかじゅ。この2人は前からいい感じだと思っていた。それでまた高1ののかじゅが可愛いんだ。ロリかじゅもいいけど、やっぱり高1がいい。とても可愛い。あの微妙な幼さがとても可愛い。悔しくて麻雀始めちゃうあたりもいい。やっぱり元々可愛いキャラが百合になるってのはいいなぁ。ともていい。もっともっと可愛くなる。


というわけで色々と魅力のある巻だった。決勝戦ももちろんだが、全国の面々が出てきたのは嬉しい。照や菫さんは勿論、なんといってもふくこか。レディオコンビである。あの2人はとてもいい。透華の覚醒も良かった。もう全部好きだわ。次巻も楽しみだ。


咲 -Saki- 7 (ヤングガンガンコミックス)咲 -Saki- 7 (ヤングガンガンコミックス)
(2010/04/24)
小林 立

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。