/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささめきこと ③ (いけだたかし)

カワイイ♡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 風間のかわいい子が好きというのはいつから始まったんだろう。
 遅くとも中学からは始まっているようだが。
 転校生だし、前の学校で何かあったのだろうか。
 高校になっても差別的な人が居るのだから、中学なんて言わずもがな。
 マイノリティはそれだけでいじめられる原因である。
 そこで孤高な感じの純夏がいたのは運が良かった。
 両方いじめのターゲットになる方がはるかに多いのだ。

 さて、本編だが2巻では大活躍といえるあずさが殆ど出てこない。
 描写の中心が女子部に移ってきたからだろう。
 新キャラのロッテの存在も大きい。
 放っておけば人気の出そうな容姿である。
 よって純夏と風間の間に挟むにはちょうどいい。
 精神的にも子供だから、自身の影響力を気付きにくい。
 憎まれない敵役としてはぴったりだ。
 ここであずさあるいはアケミのような人だと、邪魔することができない可能性がある。
 察して自重してしまうかもしれないのだ。


 ここにきてかわいいという概念がなんなのか気になってくる。
 例えば、アケミやロッテのようなキャラはとてもかわいいとされている。
 しかし、純夏もカワイイようだ。
 かわいいという言葉か多くの意味をもっているのは自明である。
 ここで問題とすべきかわいいは風間の恋愛対象になるか否かであるが、正直読者には区別がつきづらい。
 例えばキョリちゃんはかわいい。
 だが、どうも恋愛対象にはならないらしい。
 雰囲気からいって作中の登場人物に声をそろえてかわいいといわれるキャラは風間もかわいいと思えるキャラのようだ。
 そして純夏は格好いいというタイプとして認識されている。
 それを風間はかわいいという。
 しかも、いつも一般にかわいいとされるキャラとは違う様子でかわいいと評している。
 いつものようにキャーキャー騒いでいないのだ。
 勿論、深く意味もなくかわいいという事はある。
 友達なら日常的な事だろう。
 だが、あんな漏らすように言ううだろうか。

 もっとも好みの変化とかではなく、かわいいから好きになったとは限らない。
 そもそも変な輩から助けてくれて、クラスでなじめない時に一緒にいてくれたのだ。
 好きになっても全くおかしくない。
 偏見をもたない分自分が傷つかなくて済むという見方もできる。
 すくなくとも友達になれたのだ。
 いや、だからこそそこから発展しないのだろう。
 ここでも「好きって言ったらトモダチじゃなくなっちゃう」のだ。
 今の居心地がいい分余計に踏み出しづらい。
 こういうのを切ないっていうんだろうなぁ。


 純夏の自分はかわいくないというのはなかなか面白い。
 いかに画一的にかわいさに縛られているという事がよくわかる。
 大きかろうが小さかろうがかわいいし、空手をやっていようといまいと関係ない。
 人によってはこういう思い込みこそかわいいと感じるだろう。
 まぁそんなレベルならこんな切ない事にはならないだろう。


 3巻もクオリティ高い。
 新キャラの銭形平や綿村もいいキャラだし。
 その分押し出されたあずさは少しさびしい。
 でも、実際の関係もそんなものか。
 結局24時間しかない。


ささめきこと 3 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 3 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2008/09/22)
いけだ たかし

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。