/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささめきこと ② (いけだたかし)

よく、聞こえるよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 初めに収録されているのがアケミちゃんだからカラーもアケミちゃん。
 しかも、その話の疑似的とはいえ、デートイベントである。
 だが、2巻のメインはどう考えてもあずさの巻である。
 キャラ紹介が1巻で終わったので新しいキャラを出すにはこうなるのも仕方ない。
 もっとも6話のうち4話にすぎないし、風間と純夏が離れていたので描写も半分近くになっている。

 とはいえ、女子部以外の視点というのはなかなか面白い。
 基本的に視点は主人公である純夏のそれであり、本人も言っていたが風間を見るあまりクラスの様子があまり見えないのだ。
 そこであずさのような一般の生徒の視点が欲しくなってくる。
 キョリちゃんみたいなのでは分かるものも分からないし、ハチみたいな大人では違うものが見えてしまう。
 普通の高校生のあずさはちょうどいいのだ。

 視点以外にも、女の子を好きな女の子の様子も提供してくれる。
 読者からすれば風間もあずさも純夏が好きな事は分かるのだが、風間は気付かず、あずさは気付く。
 友達である期間の違いが作用しているのだ。
 風間と純夏は中学からの付き合いである。
 一方のあずさは早くとも高校に入ってから、実質的には夏休みの少し前からである。
 この差は非常に大きいだろう。
 また、あずさが百合物が好きという特徴も持っている。
 このおかげで自身が純夏を好きという事が理解しやすかっただろう。

 更に友達が少なそうな所も妙にリアルだ。
 数少ない友人を非常に高く評価し、それ以外を内心馬鹿にする。
 当然、それらの友人に強く依存することになる。
 しかも、その友人と思っている相手はそれほどでもない。
 このあたりの描写が非常にうまい。


 視点という観点からみるとハチも便利だ。
 まさか18歳とは思わなかったが、妙に大人なのを見れば納得である。
 お陰で大人、あるいは読者の視点を作中にもたらすことができる。
 経歴も不明なので多少変な事をしても問題ない。
 さすがに車爆発であれだけとは思えないが。


 2巻も面白かった。
 半分くらいあずさのお陰だ。
 色々な視点は見ていて楽しいし、色々な恋心も見ていて面白い。
 やはり百合物は見るものなのかもしれない。


ささめきこと 2 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2008/04/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。