/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレッシュプリキュア! 第33話「美希とせつなのこわいもの!」

あなたは一人ぼっちじゃない
一人ぼっちにはならない
ピーチやパイン、そしてあたしがいるから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 ラブやブッキーに遅れること数週間、ようやく美希せつ回である。
 だが、狙っているのかいないのかギャグ回っぽくなってしまった。
 美希はこういう役割多い気がするなぁ。
 幼女にはクールで格好いいということで人気のはずなんだが。


 今回は同じグループにいても別にみんなと仲がいいわけでもないよねってお話。
 3人でもそうなのに4人を超えるとそれが顕著になってくる。
 特に接点のないせつなと美希はやはりそうで微妙な空気になっていた。
 これはやりづらい。

 そもそも美希はせつなを一番疑っていたのだ。
 いくらプリキュアになり、ラビリンスからも捨てられたとはいえ、その事実は変わらない。
 せつなを疑っていなかったブッキーやラビリンスだろうと救ってしまうようなラブとは違う。
 あたし、完璧と言いつつ、完璧ではないところを見せたがらない、わりと普通の子なのだ。
 ラブのようにおかしな精神年齢ではないのである。

 そんな二人だからこそ、ベリーがパッションを助けに来た時はすごく興奮した。
 しかも、ウエスターに正論とも思える内容について問われ、美希はそれにしっかりと答えている。
 ちゃんとせつなの性格をとらえて、それによってせつなの行動を肯定しているのだ。
 意味もなく仲間だとか、プリキュアだとかいうものを用いずに弁護している。
 せつなが怖いものを問われて、あなた達がいなくなる事と答えたシーンを回想としても使うのもいい演出。
 こういう所もしっかり描写するのがプリキュアのいいところだ。
 こういった描写があるからこそ、せつながうるっとくるのもうなづけるし、美希とのわだかまりが消えたようにも感じられる。

 それにしても、このシーンはどうも通りすがりの仮面ライダーのようだった。
 ウエスターと美希の会話は殆ど士の説教タイムのようだ。
 劇中のBGMももちろんいいのだが、ディケイドの説教タイムBGMが妙に合う。
 FFRをキュアスティックだという事にして、だれかMADを作ってくれないものだろうか。
 ちょうど今回は赤と青ということでマゼンタとシアンという配役もできる。
 まぁW的にはキカイダーだけどさ。


 ところで、冒頭でも述べたがベリーはクールで人気のはずである。
 しかしその割には、随分顔が壊れている。
 完璧などと自称するキャラだから一層ギャグ分が強く感じられる。
 これがラブだと相変わらずだ、ということになるがこれが美希だとネタに見えてしまうのだ。
 意外と西さんとは相性がいいのかもしれない。

 FUKOFUKOと言いつつ、毎回人間社会の幸せゲットな西さん。
 あたし完璧といいつつ、どうもギャグになってしまう美希。
 そしてお得意の顔芸。
 西さんはブッキーとの絡みを予想していたのだが、意外と美希もありなのかもしれない。


 それから、最後のシーンの美希の服がしまむらっぽかったがどうもニッセンらしい。
 さすがせつな。
 かんぺきだー。


 次回は急展開。
 中盤の盛り上げだろう。
 これまでゆっくりだったFUKO収集を一気に増加させるのは違和感があるが仕方ない。
 9000円の箱を売らねばならないのだ。


フレッシュプリキュア! 幸せのクローバーオルゴールフレッシュプリキュア! 幸せのクローバーオルゴール
(2009/10/25)
バンダイ

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。