/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってきたよ、ドルイドさん! 3 (志瑞祐)

でも、あたしはそんなシャレイリアが大好きなんだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 今回も短編。
 作者が書きやすいのか、それともそういう形式のが向いているタイプなのか。
 薔薇様とバレンタインネタ、エビラ、親御さんとの挨拶の4編+エピローグである。
 ちゃんと水着もある。

 これの中ではやはりバレンタイン話がよかった。
 よくある話なので、予測は十分に可能である。
 文化的違いによってチョコの意味が理解できず、すれ違うものの、結局はどうにかなってしまう。
 百合じゃなくてもよくよくある話だ。
 それでも良かった。
 夏穂が壊れているのはシャレイリア係数によるものかと思うとなんか嬉しくなってしまう。
 あと、あとがきで言う逆チョコは友チョコではないだろうか。
 まぁどうでもいいけど。
 それとも、友達だって言いたくなかったのかな。

 また、今回は校長と須…田…?以外にも名前のある男キャラが出てきた。
 シャレイリアの父親である。
 それも大したことはなかったが。
 切れたシャレイリアには敵わない。
 もう夏穂に娘シャレイリアを「好きにするがいい」というだけのために来たような人である。
 読んでいる側としてはすっかり安心してしまって殆ど相手の親御さんと食事に行くみたいな気分になってしまっていた。
 認めてしまっているし、あながちそれも間違っていまい。


 さて、残念なことに今回はイラストがずいぶん少ない。
 カラー見開き1ページに、モノクロ3枚である。
 夏穂なんて表紙しかまともな絵がない。
 皆かわいいのに、なぜかシャレ父がその1枚を占めている。
 もう本当にさびしい。
 もっとシャレイリアのおでこが見たいのだ。
 夏穂とシャレイリアの水着が見たいのだ。


 さて、短編集とは多くの場合、キャラの掘り下げが目的である。
 しかし、残念ながらなんかもうこれが最後みたいな印象だ。
 せっかく面白いのに。
 一迅社の編集も大好きなのに。
 せめて卒業までは続いてくれるとうれしい。


やってきたよ、ドルイドさん!3 (MF文庫J)やってきたよ、ドルイドさん!3 (MF文庫J)
(2009/06/25)
志瑞祐

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。