/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲 -Saki- 第8話「前夜」

お前は清澄の柱になれ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 つまらなくはなかった。
 それなりに面白いし、十分に視聴に耐えるレベルだ。
 しかし、何か違和感のする回だった。

 まず、銀河鉄道の夜のくだりがおかしな感じがした。
 文学少女設定があるし、和もよく本は読みそうだ。
 おまけに銀河鉄道の夜なんてみんな読んでいるような本である。
 しかしなのか、だからなのかどうにも変な感じがする。
 どうも普通の高校生らしくないようなのだ。

 風越の「キャプテンです」3連続も実際に言葉にしてみると変な感じ。
 合わせているかのようなずれずに一人ずつ言っているからだろう。
 また、キャプテンの触手もいるのだろうか。
 何を狙っているのか分からない。
 個人的に触手が苦手ということもあるだろうが。


 勿論悪いところばかりではなく、龍門淵のパートはよかった。
 実に龍門淵らしさというものが出ていたと思う。
 ともきーは多少しゃべりすぎの気がするが、ハギヨシは中の人もあり完璧だ。
 ヒュっと消えるシーンなんて実にいい。

 まこも妙に可愛くなっていた。
 まさに不覚にもである。
 原作では京太郎の次くらいに空気なのにどうしたのだろうか。
 キャラソンでも出すのだろうか。

 鶴賀はモモが出てきて嬉しい、でももったいない。
 かじゅは格好いい。
 よこくのむっきーも格好いい。
 始めてみたころは子供だったなぁ。


 こういった個別の問題だけではそこまで違和感は出ない。
 まぁ面白かった、次回が楽しみだなぁくらいで終わるはずだ。
 最大の違和感は残りの話数である。
 1試合1話で終わるのだろうか。
 ボリュームを考えれば1試合に最低でも2話程度は使ってほしい。
 CMを挟むだけで能力解放では早すぎる。

 まず、先鋒のキャプテン自体どうかと思う。
 10分ちょっとで理牌の癖が分かるなんて超能力と区別がつかない。
 なんでも速くやれば人間技には思えないのだ。

 更に、モモなんてどうするのだろうか。
 初めからステルスにするわけにもいかないし、そもそも副将戦自体短くない。
 アマゾネス透華とかいつやるつもりなんだろうか。

 こうしてみると、かなりカットされそうである。
 ここまでいい出来なので、少しクオリティが下がっただけでかなり落ちたと感じてしまうだろう。
 しかし、ここから上手くやれば傑作となることは間違いないだろう。
 2クールでやれば何の問題もなかったのは言うまでもない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 咲 -saki- 第8話 「前夜」

咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 順調に勝ち進み、県予選・決勝まで駒を進めた清澄高校麻雀部。みんなと一緒に全国へ行く…!その気持ちを改めて確かめ合う咲と和。しかし、龍門渕、風越、鶴賀のメンバーもまた、負けられない想いを強く抱いていた。

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。