/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってきたよ、ドルイドさん! 2 (志瑞祐)

いつもいじわるばかりしてごめんなさい。わ、わたくしほんとうは、あなたとお友達になりたいのですわー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
 『おれはオタネタのラノベを読んでいると
 思ったらいつのまにか百合ラノベになっていた』
 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
 おれも何をみているのかわからなかった…
 頭がどうにかなりそうだった…
 ドルイドだとか委員長だとか
 そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
 もっと恐ろしい萌えの片鱗を味わったぜ…

 AA(ryだがまさにそんな感じ。
 いつのまにか百合度が高くなっていた。
 もはや夏穂は完全な百合っ子である。
 どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!
 すごく嬉しいじゃないか。
 シャレイリアもシャレイリアで完全に受け入れてしまっている。
 二人がどう喧嘩をしても痴話喧嘩にしかならないし、愚痴を言ってもノロケにしか聞こえない。
 そういったレベルになってしまっている。
 でこちゅーはいいものである。


 1巻でよさそうな感じがした法香さんはやはりちゃんとギャグキャラになっていた。
 もはや半分がギャグでできているキャラである。
 非常に楽しいのだが、完全に三枚目。
 位置的には割と人気だが攻略できないキャラ。
 FDでも攻略対象にもならず、不遇とされるが、それすらネタになってしまうような感じがする。
 そういったキャラは見ているのが楽しいのであって、攻略対象としての魅力は意図されていない。
 だから、攻略対象に入らないのも当然なのだ。
 当然なのだが、ちょっと寂しいのである。


 可愛いというキャラでもないし、百合でもない(そもそも男だ)が、須田がいい。
 非常にいい味を出している。
 出番は少ないものの、雪那よりも存在感がある。


 なぜかこのシリーズはMFよりも一迅社の方に愛されている
 詳しくは一迅社文庫のブログでドルイドとかやってきたとか検索してもらえば分かるだろう。
 記事数を考えれば応援していると感じるだろう。
 咲ネタも多いし、編集の趣味なのか、レーベルの方向性なのか。
 多分両方だろう。
 また、3巻は6/25出るらしい。
 楽しみに待つとしよう。


やってきたよ、ドルイドさん! 2やってきたよ、ドルイドさん! 2
(2009/02)
志瑞 祐

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。