/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャングリ・ラ 第1話「少女帰還」

民のためには悪魔にさえ魂を売るのが政治家か
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 他のアニメの感想を書こうとしたら、シャングリラを見ていた。
 何を(ry

 設定厨にはぴったりのこの番組。
 世界観にもあるように、東京は完全に水没しているか、熱帯植物に埋没している。。
 いかにもジャングルらしい植物が紙やり門から東京タワーまで飲み込んでいる。
 きっと日本の衛星写真を見たら緑の列島となっている事だろう。

 その緑の原因は二酸化炭素の排出制限にある。
 それについて炭素税なる国際的税制システムがあり、二酸化炭素の排出に応じて変化するそうだ。
 その計算に用いられるのは経済炭素なるもの。
 どうやら税金がかかるため、経済炭素取引が為替市場のようになっているらしい。
 ドゥオムでは円が使われていたし、増税されると貨幣価値が下がるという流れが完成しているのだろう。

 そこで日本は東京を緑の町にしたのだろう。
 しかし、その実態は巨大タワーを有するアトラスに実権を掌握されている模様。
 会社の施設部隊まであるようだ。


 主人公は北条國子。
 前科一犯の履いてない18歳である。
 ブーメランのようなものを武器としている。
 長さだけでなく、体積まで変化しているように見える不思議な武器である。
 いったいどんな機構なのだろうか。

 他にもメタルエイジにはおかまやおっさんがいるが、女の子は出てこない。
 ドゥオムには何人かいるようだが、別にいい。
 無理に萌えにする必要もない。
 モモコが格好いいので十分である。

 一方のアトラスには女性も多い。
 オッドアイやツインテのロリや、Sっぽい人、眼鏡の人などだ。
 特に眼鏡の人はマゾヒスティックなサディストと訳が分からない。
 監禁した相手に罵られるのが好きとかなんだろうか。


 アクションはよく動いているし、格好いいと思う。
 同時に絶対に見えないとも思う。
 屍姫レベルで見えないだろう。

 OPはとてもいい感じ。
 疾走感がいいのだろう。
 ファフナーとの差し替えのタイミングの完璧さには笑ってしまったが。
 BGMはどこかで聞いたことがあると思ったら、黒石ひとみとあった。
 通りでギアスを思い出したわけだ。


 と、長々と書いてきたが、これから次第である。
 倒産との戦いに勝つにはどうにかしたいところではあるだろう。
 それがうまい方向に向かってくれるといいのだが。
 上手くやらないと、来年にはガイナックスにドル箱を持っていかれるぞ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャングリ・ラ 第1話「少女帰還」

助手「2009年4月期第12弾は・・・」 博士「♪夢でKISS KISS KISS」

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。