/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲 -Saki- 第47局「安手」

はやくつもれよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 もう池田がどうしようもない。
 うざいってあんまり使わないけど、きっとあの猫に使う言葉なんだろう。
 調子がいいのはいいことだが、調子乗ってるとしか思えない。
 というか、名門のくせにマナーが悪いとか言われかねない。
 あのキャプテンの下で麻雀を打ってきたとは信じられないくらいだ。
 その上、キャプテンに心配まで出せて……。
 おかげでいい道化ではあるけれど。

 闘牌の方は咲が2回槓して、槓ドラが乗り猫が安手から大物手に。
 それを察した衣は、猫のリーチを交わすが咲の安手に放銃。
 結局、先が連続で安手で上がり、先の親番へといった流れ。

 西入がなければそろそろ終わり。
 アニメ化のこともあるし、おそらく清澄は優勝するだろう。
 W役満などがないため、オーラス前のこの親番で仕掛ける事になるはずだ。
 そこで、ラス親のかじゅが気になるところ。
 あれだけ雰囲気があって、搶槓したりと活躍はあるし、噛ませには思えない。
 というか、モモかじゅのちゅっちゅマジ最高、とかそんな感じなのでぜひ活躍してほしい。

 展開としては、咲がかじゅから点を奪い、ラス親かじゅが池田を飛ばして終了。
 あるいは、咲が衣から奪い、オーラスで衣は池田から上がるものの、ダブロンで咲も上がる。
 親流しはかじゅor衣にすればある程度の見せ場も作れるだろう。
 そうでなければ、荒れた場の中、無難に鶴賀は切り抜けたとか。
 なんにせよ、池田の振り込みはほぼ間違いないだろう。
 そうやって見るとカラーの見開きも、個人戦で全国に行くキャプテンと行けない猫の距離感にも思えてくる。
 咲とのどっちの方は、ふだん着ないであろう咲にひらひらした服を着せて喜んでいるのどっち、まで見えた。
 のどっちのコスプレ話もぜひ入れてほしいものだ。


どうぶつカチューシャ 黒ねこどうぶつカチューシャ 黒ねこ
()
不明

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。