/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のカルマ 1 (橘公司)

「在紗が私のことキラキラ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 空獣(エア) = ネウロイ
 甲冑型天駆機関 or マーケルハウツ式天駆期間 = ストライカーユニット
 鷹崎駆真少尉 = ゲルトルート・バルクホルン大尉
 と考えればだいたいあってると思う。
 まぁ氏はなのはが好きなようだけど。
 無印の1話の世界観だけなら近いような、近くないような。
 リリカルマジカルとカルマは……関係ないか。

 さて、内容はねえさま(実際は叔母)たるカルマのバトルがメインのような、そうでもないような。
 旧題の「全ては授業参観のために」が最も適当だろう。
 正直、副題にした方がよったような気もする。
 蒼穹に反応にして、中の絵を見て購入を決定するような人は少数派だろうに。
 私はそうだったけど。

 新人だそうだが、意外と読みやすく、ぱっと読めてしまった。
 設定も普通、というか珍しくないタイプで安定性がある。
 しかし、それを自ら破壊しているのである。
 魔法の国や超古代文明、迷宮を司る神の出番がない話なんていくらでもある。
 そのギャップが見ていて実に気持ちがいい。
 もっとも、キャラを出すことによって展開を作るラノベに適しているかはわからないが。


 百合的には期待できなくもない、補完は十分にできるといった感じだ。
 ストパンでお姉ちゃんとクリスに萌えていた人には十分だろう。
 しかし、妹大好きなお姉ちゃんを見て楽しむといった側面が強い。
 勿論、妹もお姉ちゃんが大好きである。
 実際は姪と叔母なのだが、6歳しか違わないし、姉妹と言われても分からない。
 でも、姪と叔母という関係も悪くない。

 一応、三谷原という男が出てくるが、別に百合的に問題はなさそう。
 スナイパーで、ニコチン中毒、しかもカルマの兄の失踪までかかわっていそうなキャラである。
 いつ死ぬのか、と思わんばかりのキャラクターだ。
 きっとCVは三木さんとかだろう。
 なので問題はない。
 生き残ってほしくはあるが。


 あまがみのついでだったのだが、かなり良かった。
 早くも2巻が決定しているようだし、編集にも期待されているようだ。
 早く次巻が読みたくなってくる。



蒼穹のカルマ1 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ1 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/01/20)
橘 公司

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。