/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とらドラ!の腹黒描写

感想を書こうと思ったら腹黒に関することばかりだったので

 正直、あんまり腹黒に思えません。
 あんな見え透いたポーズにだまされる馬鹿が多くないからです。
 大河の言うように、自分のことを天然なんていう天然なんてそうそういません。
 しかも、何か問題を起こしたときに自分が天然だからって言い訳をするなんてありえません。
 天然なら何をしてもいい理由になりませんし、天然ならもっと違う謝り方をするはずです。
 何より、あの転び方はどういうつもりなんでしょうか。
 何もない所で転んでしまう者の苦しみがちっとも表現できていません。
 そういう人をバカにしているんでしょうか。
 私も何もない所で転ぶ人なので嫌な感じでした。

 まだ1回しか登場していませんが、腹黒の方が演技という印象でした。
 あのくらいのことを考える人は少なくないでしょうし、あんな甘ったるい演技で満足しているようではまともな腹黒とは思えないのです。
 腹黒たりえるのは北村やみのりんくらいなものです。  あのレベルまでやらなければ演技としては不適当でしょう。
 また、あの腹黒は一種のストレスの発散方法にも思えます。
 モデルという職業は言いたいこともいいずらいでしょうから、大河に発散しているのはむしろいいことのように思えます。
 思っている事を(多少誇張していたとしても)、言う機会はなかなかないですから。
 言いたいことをおおよそ言えてる大河に当たるのもまぁ必然でしょう。

 それにしても、会長とあまり区別がつきません。
 声だけ入れ替えたらぱっとは気づかないかもしれないです。
 あと、先生が出てきたのは嬉しい。




厚黒学―厚かましくかつ腹黒く生きよ厚黒学―厚かましくかつ腹黒く生きよ
(1998/07)
李 宗吾

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。