/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第4話「戦う理由」

その剣捌き、間違いないあの時の少年だ
なんという僥倖
生き恥を曝した甲斐が、あったというもの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 グラハムMr.ブシドーが出てくるとずっと彼のターンになってしまいます。
 前作から、いや彼は別人でしたか。
 セリフ云々ではなく存在そのものがギャグなんでしょう。
 真面目な顔をしてふざけたことをするタイプのギャグをまさに体現しているキャラですね。
 何度見ても笑えます。
 本当に楽しいキャラですね。
 繰り返し見てもちっとも飽きません。
 専用機も遠距離武装がないとかネタすぎます。
 でも、あれが武士道であるのはちょっと疑問です。
 侍というかSAMURAIみたいな印象です。
 アメリカ人ですし、性格的にはあっているとは思いますが。

 トランザムの運用法も前のように伝家の宝刀ではなく、切り替えができるようになっているように見えました。
 こちらの方が使い勝手がよさそうですし、なかなかいいですね。
 しかし、連邦のMSの性能も上がっているのでおちおちしていられません。
 特に、アレルヤは脳量子波が使えなくなったそうで弱体化していました。
 デレリヤだからまだいいですが、前のティエリアだったらガンダムマイスターの資格がないとか言われそうです。
 それにハレルヤがいないと寂しいです。

 それから、マリナと刹那の「違う」は笑いましたね。
 ですぅもあれだけシンクロしてたら、何か思っていもいいような。
 しかし、相変わらずマリナの真意が分からない。
 今の刹那のためにはあまりならないような。
 恋愛劇場はロックオンやアレルヤにも飛び火していました。
 意外とライルもいい男です。
 アレルヤの方はマリーの他にスメラギさんともフラグを建てていました。
 あの服が小さくても無理して着るサービス精神旺盛なスメラギさんとです。
 他に飲む相手がいなかったかもしれませんが……。
 捨てられた形となったビリーは僕の気持ちを裏切ったんだ!状態に。
 OPでヒロインのティエリアはどうにも影が薄いです。

 今回もシーリンがいいです。
 すごくいいです。
 とんでもなくいいです。
 やっぱりシーマリはたまりませんね。
 もうシーリンがヒロインにしか見えないです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第4話 「戦う理由」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズは次なる作戦を展開するため、リント少佐を招聘する。カティは、前回のプトレマイオスの作戦を分析し、何かを感じ取っていた。カタロン幹部のクラウスたちはソレスタルビーイングとの接触を図ろうとするが、マリナの行

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第04話「戦う理由」

何がために戦うか。 戦っていれば必ず問われるこの質問。復讐、向上、贖罪、義務、生業。いずれにしろ、戦場に赴くものは、皆本気である。

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第4話「戦う理由」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第4話を見ました。第4話 戦う理由『誰か…誰か…聞こえる?誰か…』「頭の中に声が響く…」『此処よ、あたしは此処にいる』「此処…」『誰か私の声を…』「君が僕に言ってるの?」「あたしの声聞こえるの?どこ?どこにいるの?」少女・...

消えたプリンセス ガンダム00第4話ですか?

 主題歌はOPもEDもいいんじゃないかな?まぁジンでも「いいよいいよ」って言っちゃう人間なんでアテにはなりませんが。  個人的に最悪...

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。