/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋姫†無双 第十二席「関羽、志を貫くのこと」

 悪党ども!どうやら年貢の納め時のようだな
 誰だ貴様!?
 ある時はメンマ好きの旅の武芸者、またある時は美と正義の使者華蝶仮面、しかしてその実態は……
 星!来てくれたのか!!
 星?
 ん、んんっ、またある時は美と正義の使者華蝶仮面、しかしてその実態は、ふんっ
 常山の趙子龍!ここにありっ!!

 良い最終回でした。
 偽劉備を殴ってからの展開は非常に好みでした。
 ツンデレな曹操はかわいいし、関羽に任された役割を全うしようとする張飛もいい。
 そして、妹のピンチに駆け付ける関羽。
 華蝶仮面、もとい趙雲や馬超、曹操軍も加わってピンチを脱していく。
 こういうのが多分好みなんだと思います。
 見ててとても痛快でした。
 古典的といえば、古典的なのですがそれもいいものです。

 しかし、劉備を出す必要がなかった気がします。
 関羽のデレを出したかったのかもしれませんが、別にあんなキャラの相手でなくてもよかったのではないかと思います。
 終わりに向けて悪役を出したかったのでしょうが、あれでは小悪党にしか思えません。
 いっそのこと明らかな敵役にしてしまったほうがよかったと思います。
 兄と声が同じことも意味があまりありませんでした。
 デレる理由になったくらいでしょうか。

 まぁ、全体的にはかなり良かったと思います。
 やはり、女の子が仲良く、楽しく、恰好良くやっているのはいいものです。
 もはや、それさえあれば良作と呼んでしまいそうです。
 某パンツとこれですっかりそう思うようになってしまいました。
 最後に登場キャラが全員出てきたのも良かったです。
 袁家が出てきたのがかなり嬉しかったです。
 他の勢力もなかなか笑えました。
 最後の姉妹エンドも悪くはなかったです。
 OVAもあるようですが、2期もやってくれると嬉しいです。
 三国志のように戦争がない三国志になりそうですが、それはそれでいいものです。



恋姫無双 7 限定版(最終巻)恋姫無双 7 限定版(最終巻)
(2009/04/01)
不明

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。