/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-全国編 第7局「注目」

さァかかってくるがいいよ…
悪石の巫女…!!

続きを読む

スポンサーサイト

塞さんの能力について

以前にも塞さんの能力については記事を書いた(臼沢塞の塞ぐは無効化能力ではない塞さんのモノクル)が、第8局にてまた追加の描写があったので考えをまとめておきたい。

・あのモノクルは熊倉が渡したもの
・モノクルは力を無駄遣いさせない為に使う
・相手を抑えこむのに使っているのは塞本人の力
・押さえ込む相手の力の強さによって負担が変わる
・気力が続く範囲で能力が使える

第8局の熊倉の情報は以上のようである。追加とは言え、おおよそ予想通りで、裏が取れたといった程度の話である。ニライカナイの銘苅に関する新情報もなし。ただ深読みすれば、相手の能力によって負担が変わるというのは今後の展開に繋がりそうではある。今回に限ってはハッちゃんがあまりに強いので能力を一人に向けただけという可能性が出てくるからだ。塞が成長するに従って複数人に対して能力を使えるようになる可能性がある。

意外な情報は特になかったが、確定情報が増えて、かつアニメとして見ると印象がやはり変わる。例えば対局外での塞の予感。これは宮守に誰か来るという時に発揮されている。塞の神らしく監視しているのだ。正邪を判別し、邪悪なものなら出入りを防ぐ。この判別する部分が予感として発揮されている。モノクルはこの判別の部分に使われているというわけだ。ここから、判別が完璧ではない、判別にもコストがかかる、その両方の3つの可能性が考えられる。トシさんが来た時の予感が気がするレベルなので完璧じゃない可能性が高いか。能力に対して自覚的でなかったのかもしれない。

また、何故モノクルかという事に関してはまだよく分からない。眼鏡でもいいはずである。塞の能力に見るという行為が必要だが、その際にガラス越しでは駄目なのかもしれない。実は両眼鏡であれが片割れという可能性もある。中々面白そうな展開だ。特殊アイテムの使用者が他にいないので何とも言えないし、単純にデザイン的な問題かもしれない。

所で、モノクルが判別に使う道具だとすると、トシさんの人材発掘能力はあのモノクルのなせる技だったように思えてくる。これだけだとモノクルがすごいという事になるが、わざわざ遠回りをして豊音を捕まえてくるくらいだからやっぱりおかしい人だ。今回の大会に限っては、意識的に能力者を集めたチーム編成をしたのではないかという印象にも真実味が帯びてくる。色々と知り合いが多いトシさんがそれをやっているとすると、大会のレギュレーションの異常さも件もあり、世界大会編を期待してしまう。あったとしても塞さんは解説になりそうだな……。

そんなこんなで今日の放送でまた新しい情報が出たらまた記事にでもしたい。

咲-Saki-全国編 第6話「萎縮」

せやろーさすがやろー?

続きを読む

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。