/* */

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲日和 (木吉紗, 小林立)

ごめんね
ともきー
ごめんね

続きを読む

スポンサーサイト

ゆりゆり (なもり)

ぜーったい
あたしのほうがみわのこと大好きなのに

続きを読む

2012年夏アニメ雑感2

見ているものの残りを

続きを読む

2012年夏アニメ雑感1

よく話題にしている方から。

続きを読む

ペプシ ソルティーウォーターメロン

夏恒例? のペプシの謎炭酸飲料。今年は塩スイカという事で飲んでみた。とても美味しいとはいえないが、飲めないほど辛い味ではない。ただ、もう1度飲みたいとは思わない。

スイカのような香りはしなくもないが、あくまで合成的なスイカの香り。味としてもスイカとは言えなくもないといったレベル。きゅうりに苺ソースを掛けて塩を振ったとした方が近いような気さえする。

こんなものを飲むのは物好きと毎年恒例の人しかいないだろうが、今年はあまり当たり年ではないとだけ言っておこう。



ペプシ ソルティーウォーターメロン 490ml×24本ペプシ ソルティーウォーターメロン 490ml×24本
(2012/07/24)
ペプシ

商品詳細を見る

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's

セーット、アップ!

続きを読む

輪廻のラグランジェ-鴨川デイズ-千秋楽 オールナイト上映会

随分経ってしまったが、輪廻のラグランジェ-鴨川デイズ-千秋楽 オールナイト上映会に行ってきた。主要3人のキャストとサトタツが30分くらいのトークと、1期の全話上映、最後に鴨川デイズの上映といったスケジュール。2期前に見るのは悪くなかったと思う。

私はこういった上映会以外のアニメのイベント全然行かない。しかしラグランジェは、鴨女文化祭もそうだが、上映会を含むイベントが多いので割と行っている方だと思う。キャリーさんと瀬戸さんが仲良さそうにしているのがよかった。

また鴨川デイズだが、2クール目にかなり影響を与える内容であった。これを見ていないと2期は厳しい部分もある。1期と2期の間の補完の訳だからかなりの力があるわけだ。今更見に行くのは無理だし、かと言ってディスクの販売は2期の中盤となってしまうので何とも勿体ない。



「輪廻のラグランジェ -鴨川デイズ-」GAME&OVA Hybrid Disc (初回生産版)「輪廻のラグランジェ -鴨川デイズ-」GAME&OVA Hybrid Disc (初回生産版)
(2012/08/23)
PlayStation 3

商品詳細を見る


照照ドリルで点数計算

アニメではすっかりネタみたいになってしまっている宮永照の腕。竜巻を起こしているとか、覚醒すると両手がドリルになってモゲラになるとか、言いたい放題である。全く喋らない分、すっかりギャグになってしまっている。

しかし、実はあれは取れるであろう点数を明示してくれる便利なドリルなのだ。見れば分かるように、打点上昇とともに回転数も上がっているようである。その証左に、玄に振り込む事が確定した際には回転がすっかり止まっていた。未来が変わったからそうなったのだろう。

そもそも何故こんなドリルが必要なのかといえば、照が対局中に喋りもしないし心理描写もないからである。他のキャラなら高めが上がれそうとか、こんなゴミみたいな配牌では流すしかないとか、色々と心理描写がある。しかし、照にはそれが全くない。それを何らかの形にしようとした結果があのドリル。照照ドリルは照の数少ない自己主張なのだ。風が吹き荒れ、稲妻が飛ぶというまるで台風みたいな自己主張だが、喋れない事を加味すれば可愛いものである。

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第12局「約束」

でも、人は予想を超えてくる

続きを読む

第99局で咲の出した花は何故百合ではないのか

咲は上がり時に後ろに百合が現れる事がある。第99局のオーラスは咲の和了で終了した。しかし、バックに現れたのはバラのような花。実はカーネションかもしれないが、兎に角、百合ではない。何故百合ではないのか。これは嶺上開花ではない事を示しているのではないか。

よく咲は百合を出して上がっているような印象があるが、漫画では数回しかない。コミックで言ったら、2、5、6巻のみである。2巻では東福寺を飛ばした時のイメージで1回、5巻では大将戦始まってすぐの2連続嶺上開花の2回、6巻でも同じく大将戦で連続和了で打点を上げてい際に嶺上開花で2回。まだコミック化されていないが、第97局でも嶺上開花で百合を出している。東福寺はよく分からないが、どうやら嶺上開花で上がると百合の花が現れるようだ。

咲のイメージは嶺上開花である。これだけ割合として紐付けられていれば、それを強調する為の百合と見るべきだろう。しかし、今回はバラだった。これは嶺上開花以外の役で上がった事を示したいのではないか。


所で、描写のほとんどなかった1回戦と比べて、2回戦は合宿での成長のお披露目会だった。タコスもまこもかなり強くなった事が伺えた。部長は1回戦で飛ばしたので成長もあったように思えるし、特殊な卓だった。のどっちはあれでもプラスになってしまうというおかしな事をやってのけている。

そういった描写が咲にはない。しかし、他の仲間が成長している中、咲だけ何もないというのはおかしい。何かを得ていただろう。霞さんと姉帯の能力を受け流した上がりは成長っぽいが、単純に相性の問題にもとれる。しかも、いつも通り百合の花だった。これは嶺上開花の強さを示したかったように思われる。

そこでまたバラについて注目したい。咲の成長はこのバラが示しているのではないか。タコスがマントを着るようになったのと同じく、咲も強化されてバラを纏うようになったのだ。今の所、どのように変わったのかは定かではないが、次回再びバラが現れた時に明らかになるだろう。

咲-Saki- 第99局[真実]

ありがとうございましたぁぁぁ

続きを読む

姉帯豊音ちゃんが八尺様だったらいいのに

姉帯さんの身長は色々考察されているが、おおよそ1.8m~2m程というのが妥当な所らしい。これは相当高い。現実で特に身長の高い人が集まる競技を考えてみると、バレーボールが思いつく。そこで2012年度全日本女子登録メンバーを見てみよう。流石に高い人ばかりだ。ポジションにもよるが、180cmを超える人が半数くらいいる。しかしそれでも、190cmを超える人は1人もいない。男子の方を見ても、2mを超える人はそれ程多くない。如何に姉帯さんが大きいか分かる。

さて、宮守女子は遠野物語等にイメージできるような存在がいるらしい。それで姉帯さんは遠野物語の山姫(山女)とされている。いくつか逸話があるらしいが、確かに姉帯さんに近いような気がする。身長も2m前後らしいので丁度いい。

所で、八尺様という似たような都市伝説がある。話からすると山女が転化したもののだろう。しかし、こちらは八尺なので2.4mと山女よりも若干高そうだ。もっとも、八尺というのは単純に大きい事を示すのだろうが、山女より高いと考えた方が魅力的だ。

もし姉帯さんがこの八尺様だったとしたら、まだ身長が伸びる可能性が出てくる。今、2mだとしたらまだ40cmは伸びる。キャプテンやモモが急速におっぱいさんになった事を考えればありえない事もない。この世界ではよく成長するのだ。そして、2.4mと言えば、純くんに肩車された衣くらいになるはずだ。そういう形の絡みだって見られるかもしれない。非常に楽しみだ。

兎にも角にも豊音ちゃん可愛い。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 第11局「決意」

ここから先はみんながくれた1順先や
みんなごめん、もう1回だけ無茶するわ

トリプル、3順先や……!

続きを読む

咲-Saki-の能力は胸のサイズで決まる

タイトルの通り、咲の能力は胸のサイズで決まるのではないかというネタ。おおよそ薄いと支配系の能力で、厚いと一点突破型で縛りのある能力であるようだ。中間はまだ不明。まとめると次のような感じになる。

貧乳組   

王牌の支配

場(海底牌)の支配
透華河の支配
タコス東場の支配?
薄墨鬼門(風牌の支配?)
ネリー運命奏者
ワハハワハハ


巨乳組

のどっちデジタル空気が読めない
モモステルス消えるまでに時間が掛かる
ドラゴンロードドラを切るとドラがしばらくこない
神代寝ていないと使えない?
霞さん絶一門ただし待ちは1つ
かおりんビギナーズラック地力はない


この例外としては宥。赤い牌が集まってくるらしいが、特に制限らしいものが見当たらない。これから菫さんがそれを明らかにしてくれるかもしれない。


さて、これに従って考えると、灼が筒子系の能力と言われているのも合点がいく。特定の筒子への支配と言えばそれっぽくなる。

そして、阿知賀編の主人公である所の穏乃。覚醒すれば支配系の能力に目覚めるのではないか。そもそも、眼から炎や雷を出すのは支配系能力のもう1つの証だ。胸のサイズに関係なく、支配的な能力の可能性は高い。



能力者高校として宮守も加えたい所だが、胡桃以外は普通の胸である。しかも胡桃に限って能力がよく分からない。また、このルールに従うと塞さんは巨乳になる。

塞さんのモノクル

前のエントリでは塞の能力について考えてみたが、今回はモノクルについて見ていきたい。

モノクルは元はトシさんのものだったようだが、大会では塞がつけている。効果としては、薄墨の能力が発動した時に汚れが浮き出て、咲が能力を発動すると割れてしまった。どうやら能力の発動を感知して傷なり汚れなりが付くもののようだ。

これはとても塞向きの装備である。塞は特定の牌がツモられるのを塞ぐ能力であるとしたが、これには非常に体力と精神力を消費する。HP と MP を削ってやっと1人の2種類の牌を止めているようなレベルなのだ。とても連続使用できるような能力ではない。そこでこのモノクルを使えば相手が能力を発動した時のみ塞げばいいのでかなり負担が軽減される。そもそも、相手の発動に対してタイミングよく塞がないと塞げないという条件もあるかもしれない。

ただし、感知できる能力の範囲はまだ分からない。薄墨と咲の能力の共通点は鳴くという事なので、鳴きに関する能力の発動のみに反応するセンサである可能性もある。塞自体がまだ使いこなしていないからここから覚醒フラグというのも魅力的な見方だ。まぁ割れてしまったが。

尚、薄墨に集まってくる悪霊のようなものが描写されているが、これは咲お得意のイメージだろう。モノクルにそれが見えるような効果がある事も否定できないが、永水女子の皆さんはオーラを出す人ばかりなので、それの描写の1つと考えた方が自然だろう。

臼沢塞の塞ぐは無効化能力ではない

今回は宮守の副将、臼沢塞の能力について考えてみたい。塞は作中で見る限り、どうやら塞ぐ能力であるらしい。永水女子・薄墨の裏鬼門という(北家で)東と北を鳴くと南と西が来るから四喜和を上がれる能力に対して、塞ぐと称して南と西が来るのを止めていた。しかも、能力を止めるだけでなく、手を塞げるらしい。ただし、塞げるのは1人のみのようである。果たしてこれは無効化能力か。

無効化能力は能力ベースのバトル物ではよくある能力で、大抵主人公格に与えられるものである。実際、のどっちも限定的だが無効化能力系と言える。この無効化能力はとても扱いにくい。能力者ばかりの環境だと、それを消せるだけでかなりのアドヴァンテージになる。だから主人公クラスに与えられるのだ。ただし、例外があって無効化能力が効かないほど強い相手を描写する場合にはそこそこ強い程度のキャラでもいい。

咲では照が圧倒的チャンピオンとして君臨している。これに塞さんを当てて、やっぱり駄目だったよ、とやるなら分かる。しかし先鋒と副将では当たりようがない。故に照のレベルの差を示すのには使えない。しかも、のどっちの進化した先は完全な無効化能力になる可能性もある。無効化能力である価値がなさそう所か、そうであっては困る可能性まで出てきてしまった。


さて、塞いだ状況を見直してみる。薄墨は東と北を鳴いても塞がれて南と西が揃わない。これが複数回。更に四喜和を諦めてホンイツにしたらロンされた。また、薄墨の見立てでは、鳴きや運気を制御しているわけではないらしい。ここで重要なのは薄墨が裏鬼門にこだわっている点である。上がれれば役満とはいえ、塞がれてしまっては上がりようがない。しかもそれを予め説明されている。にも関わらず上がろうとしているのは意固地になっていると考えてよいだろう。

ここで塞の能力がたまたま無効化のように働いてしまったとする。薄墨は四喜和にこだわりすぎているのでこれさえ塞げれば問題ない。ホンイツに振り替えた時にロンしたのは四喜和からの変化を考えるとホンイツは自然であり、それを考慮した打ち回しをしていたと考えればよい。

ではどんな能力かといえば、それはまず特定の牌をツモらせないようにする能力ではないか。今の条件は南と西をツモらせないようにすれば充足する。この2種類の牌が薄墨へ流れないようにすれば無効化したように見えるし、ホンイツに対抗したのは単純な打ち回しである。

他に検証が必要なのは、ニライカナイの銘苅という選手である。全国大会1回戦で塞に塞がれて全く上がれなかったらしい。永水女子の回想からするに銘苅は明らかに能力者だ。どんな能力かは不明だが、咲の能力者にはツモの偏りに関した能力が多い。銘苅がそうならば、特定の牌をツモらせないという能力で和了を塞ぐ事は可能だろう。

また、塞の能力はツモらせない能力の1つだけとは限らない。何故薄墨は意固地になったのだろうか。描写からすると、どうも塞がれるとプレッシャを感じるらしい。このプレッシャも1つの能力かもしれない。ストレスを掛けて意固地になるように仕向けるのだ。こうする事で何を塞げばよいか明確となる。塞げる数が少ない方が能力として丁度よさそうだ。強力になりがちな能力とその上限を暗示する為の能力という組み合わせは中々面白い。。


所で、宮守のキャラには元ネタのようなものがあり、塞は塞の神ではないかとする説がある。塞の神は悪霊等の侵入を防ぐ神らしい。これは特定の牌のみをツモらせないようにするという能力とよく合致していると言える。



今回は塞の能力関して書いてみた。今度はモノクルについて書きたい。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 2 (小林立, 五十嵐あぐり)

えっ…

続きを読む

クリック募金
FC2カウンタ
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

安井

Author:安井
Opera Next で確認
全てネタバレ
Twitter:@yyasui

RSSリンクの表示
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。